【コスモス:時空と宇宙】 (10)「電気に魅せられた少年」 まとめ

下記番組のまとめを書きます。

放送局ナショナルジオグラフィック
番組名コスモス:時空と宇宙
(10)「電気に魅せられた少年」
原題Cosmos: A Spacetime Odyssey
The Electric Boy
放送日時2014年

目的は、「見逃してしまった人に、概要だけでもお伝えすること」です。

2018年7月現在、Amazonビデオでも見ることができます。

タイトル一覧はこちらです。

導入(ホームページより引用)

現代社会を支える技術は電気がなくては成立しない。

19世紀の科学者マイケル・ファラデーがいなければ、私たちの社会はまったく違うものになっていただろう。

ファラデーは貧しい生まれで満足な教育も受けず、製本の仕事をしながら科学者になることを夢見ていた。

王立研究所に雇われてからは、実験による検証を重ねることで数多くの業績を残した。

富や名声のためではなく、純粋に科学の真理を追究したファラデーの人生にせまる。

概要

ファラデーの生涯を時系列で紹介してくれます。

後半は地磁気の話やマクスウェル方程式の話など。

詳細

■ ファラデーの歴史

(1791~)

・途中から不登校

・13歳で製本店に奉公
 ・夜は本を読んだ⇒電気への興味の始まり

・21歳のときデービーの「市民のための科学」講座を見た
 ・ファラデーは必死にノートをとってデービーに送った
  ・それがきっかけでデービーの助手になる
  ・王立研究所に住む

・電気を力に変える「モーター」を発明。
 ・今日の社会にものすごい影響を与えている
 ・デービーは嫉妬して門外漢の光学ガラスの研究をファラデーに命じた

・デービーの死でファラデーが実験室長に就任。

・子どもたちのためのクリスマスの科学講座を始めた
 ・1825年から現在まで続いている

・発電機も発明

・49歳の時に、記憶障害と鬱に襲われる

・磁場+ガラスで偏光面を回転させることに成功した
 (おーにし注:「磁気光学効果(ファラデー効果)」というそうです)

■ 地磁気

・地球に地磁気があるのは、外殻にある液体の鉄が、自転と対流で動くと電気を帯びた針金と同じになるから。

・地磁気は宇宙線から地球上の生命を守ってくれている

・オーロラも説明できる

■ 磁場、磁力線のアイデア

・今では当たり前だが、当時は信用されなかった。
 ・ファラデーは数学が苦手で、方程式で示すことができなかったから。
 ・のちに、マクスウェルが場は実在することを方程式で示してくれた
  ・その際、項を1つ加えることでファラデーの定常的な場を光の速さで伝わる波に変えた(電磁波)
   ・電磁波で今の文明は支えられている

・場の考え方は重力にも応用されている

感想、個人の意見

ファラデーは私が一番好きな科学者です。

録音もできない当時の環境であることを考えると、記憶を頼りに講義をノートにまとめあげたのはすごい。

50歳以降、記憶障害や鬱に悩まされていたことは知りませんでした。

ファラデーといえば電気と磁気を結びつけたイメージが強いですが、光も結び付けていたんですね。
偏光を回転させる方法を発見したことも知りませんでした。
しかもそれにはデービーに無理矢理やらされていた光学ガラスの実験が役立ったなんて!

タイトル一覧はこちらです。




  


にほんブログ村 科学ブログ 物理学へ にほんブログ村 科学ブログ 数学へ にほんブログ村 受験ブログ 大学院受験へ

0
Print Friendly, PDF & Email

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA