【モーガン】 「正当化する心」まとめ

下記同一内容の番組のまとめを書きます。

放送局 / 番組名 タイトル
Science(米)2016年 S7-1
Through The Wormhole
What Makes a Terrorist?
Discovery Channel(米)
モーガン・フリーマンが語る宇宙
正当化する心

目的は、「見逃してしまった人に、概要だけでもお伝えすること」です。
運が良ければたまにやってる再放送を見られるかもしれません。

その他のタイトルの一覧はこちらです。

導入部より引用

今、私たちの日常が脅かされています。

どこで起こるかわからないテロ。
誰もが標的になり得ます。

テロリストの心理とは?

なぜ残虐行為に身を投じるのでしょう?

彼らが特殊なのか?

あるいは誰もが大義のために命を捨てられ、敵を人間と思わなくなるのか?

果たして私たちは科学の力でテロ行為を止めることができるのでしょうか?

概要

・テロリストになるまでの過程
・テロリストの心理
・テロをやめてもらう方法

詳細

■ テロリストの心理

(1) スコット・アドラン(人類学者)
・ISの戦闘員たちは大義のためなら何でもする。集団を最優先。

■ テロリスト誕生の過程

(2) ジェイ・バンベーベル(心理学者)
・競争という要素が加わると、いつでもグループ間の対立は加速する。

(3) ラフィース・ハミード(社会心理学者)
・テロリストの人材集めの方法を研究
・「社会ネットワーク分析」
・急進的な思想に染まるかどうかは生まれ育った環境と直接は関係ない。
・既に参加している仲間がいるかどうかが影響する。
・本当に影響力があるのは幹部よりも仲介役。

(4) ソフィア・モスカレンコ(社会心理学者)
・単独犯はテロリストに共感することで傾倒していった。

(5) アリー・クルグランスキー(心理学者)
・集団同一視(集団を自分のように感じる心理状態)
 ・「We」という代名詞を使うことで帰属意識が刷り込まれやすい。

■ テロリストの考え方を変えてもらう方法

(6) エラン・ハルクリン(心理学者)
・相手の意見を、より過激にした意見をぶつけることで、相手の意見を考え直させる方法。

(7) ピーター・ターチン(文化人類学者)
・「歴史動態学」・・・歴史を数学的に分析する
 ・過去の歴史については、予測することができるようになった
・紛争地域で何もしないようにすればテロは下火になるだろう

感想、個人の意見

題材はテロですが、日常生活で考え方の違う人とうまくやっていくための”あるある”でもありました。

シリーズのタイトル一覧はこちらです。


0
Print Friendly, PDF & Email


  

にほんブログ村 科学ブログ 物理学へ にほんブログ村 科学ブログ 数学へ にほんブログ村 受験ブログ 大学院受験へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA