指数の総乗は総和に変えられる


高校で習う総和(シグマ)記号はこんな意味でした。
$$\sum_{n=0}^{\infty}a^n = a^0 + a^1 + a^2 + \cdots$$大学では、これに似た記号として総乗(パイ)という記号が出てきます。
$$\prod_{n=0}^{\infty}a^n = a^0 a^1 a^2 \cdots$$総和が足し算なのに対して総乗は掛け算になっています。ただそれだけです。

ただ慣れないうちは総和記号の方が扱いやすいかもしれません。
上の例のように総乗が指数部分にかかっている場合は、その意味を考えれば、総乗記号をなくして総和記号で表すことができます。
$$\prod_{n=0}^{\infty}a^n = a^0 a^1 a^2 \cdots = a^{0+1+2+\cdots} = a^{\sum_{n=0}^{\infty}n}$$

10
Print Friendly, PDF & Email


  

にほんブログ村 科学ブログ 物理学へ にほんブログ村 科学ブログ 数学へ にほんブログ村 受験ブログ 大学院受験へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA