【ナショジオ】 ホーキング博士のジーニアス 「宇宙の始まりとは?」

下記番組のまとめを書きます。

放送局ナショナルジオグラフィック
番組名ホーキング博士のジーニアス
by スティーヴン・ウィリアム・ホーキング(Stephen William Hawking)
原題Genius by Stephen Hawking
エピソード「宇宙の始まりとは?」 (原題:「Where Did the Universe Come From ?」)


目的は、「見逃してしまった人に、概要だけでもお伝えすること」です。

この番組は以前「Hulu」でオンデマンド配信されていたようですが、2018.02.20 現在では配信されなくなっているようです。

スカパー!などのナショナルジオグラフィックを契約していれば、運がよければ不定期に再放送しているのが見られるかもしれません。

「ホーキング博士のジーニアス 」のタイトル一覧はこちらです。

導入部より引用

宇宙の起源について考えたことはありますか?非常に大きな問題です。答えはビッグバンだと知っている人も多いでしょう。

宇宙に存在する全てのものは全方向に広がっています。始まりは温度と密度が無限大の限りなく小さな点でした。そこから宇宙が誕生したのです。

では始まりの一点はどこにあったのでしょう?

少し助けを借りれば誰にでも答えられます。それを証明しましょう。

要点

地球から見えるだけでも、宇宙には1000億個以上の銀河があります。

それらの観測結果から、宇宙は膨張していることがわかりました。
逆に、ある1点から始まったという予測も立ちました(ビッグバン)。
ビッグバンから空間が一様に膨張することによって
・どの点も膨張の中心であること
・空間の外側ほど膨張速度が速いこと(加速膨張の話ではありません)
を実験で体感します。

詳細

■ 地球から見える銀河の個数を求める

・全天空の球面を埋め尽くすには、ハッブル宇宙望遠鏡で撮影した銀河たちの画像が何枚いるか?
 ・縮尺を割り出すには、ハッブル宇宙望遠鏡と同じ範囲が測定できる望遠鏡で見て、画像が望遠鏡の視野にぴったり収まるサイズまで離れればいい。
  ⇒ 1256億個の銀河が見えることがわかった

■ 宇宙の膨張の様子を体感する

・ハッブルは光のドップラー効果を手掛かりに、銀河の色の変化を調べることで銀河が地球から遠ざかっていることを発見した。

・それから推測すると、はじまりは1点だったと考えられる。

・ハッブルの撮影画像は、遠くの銀河ほど早く遠ざかっていることを表していた。
 ⇒実験で、地球から遠い銀河ほど早く遠ざかるのを実験で体感。

・空間全体が一様に膨張すれば、中心から離れるほど高速になることを体感

■ どこでも宇宙の中心になりえることを体感する

今見える銀河たちの写真と10億年前に見えた銀河たちの写真を重ねると、どの銀河を中心にしてもそこを中心に膨張していることがわかる。

感想、個人の意見

相変わらず本質をとらえた面白い実験を見せてもらって、理解を深めることができました。

0
Print Friendly, PDF & Email


  

にほんブログ村 科学ブログ 物理学へ にほんブログ村 科学ブログ 数学へ にほんブログ村 受験ブログ 大学院受験へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA