【Nスペ】 「超常現象 科学者たちの挑戦」 まとめ

下記番組のまとめを書きます。

放送局 番組名 放送日時
NHK NHKスペシャル「超常現象 科学者たちの挑戦 2014.03.22(土) 21:00~

目的は、「見逃してしまった人に、概要だけでもお伝えすること」です。

この番組は今でも「U-NEXT」というサイトでオンデマンドで視聴できます。

導入部より引用

超能力や心霊現象など、常識では説明のつかない超常現象。

これまではただの思い込みやトリックとされ、科学の目はほとんど向けられてきませんでした。
しかし今、世界の科学者たちがその正体を見極めようと真剣に挑み始めています。

科学者たちの武器は最新鋭の測定機器。

急速な科学の進歩が謎に迫る科学者たちの挑戦を可能にしているのです。

こどもたちが前世の記憶を語るかのような、いわゆる「生まれ変わり」。

そして、人間の意識が通じ合うという「テレパシー」。

最近の研究により、これらの謎を解明する手がかりとなりそうな新たなデータが捉えられ始めています。

要点

科学者たちが真剣にメカニズムを解明しようとしている未解明な超常現象として
(1) 生まれ変わり
(2) テレパシー
(3) 意識の力
が取り上げられています。

(2)(3)はともに量子もつれで説明できる可能性はあるものの、未解明です。

詳細

1. 幽霊、心霊現象

・心霊現象で有名なイギリスのマーガム城を科学的に調査(今の科学でほぼ説明がついた例)
 ・スティーブ・パーソンズさん(物理学者)が指揮
 ・謎の冷気の正体・・・小早川令子さん(神経機能学)が分析
  ・謎の冷気の正体・・・人間もネズミと同じように怖を感じると冷気を感じることによると思われる。体温を下げることで敵から身を隠すための体の仕組み。
 ・異常な電磁波の正体
  ・規則的なので人工物っぽいけど未解明。
 ・浮遊するオレンジ色の光の正体・・・バーノン・クーレーさん(電気工学)が解析
  ・脳が電磁波で刺激されると視覚野が活性化されてオレンジ色の玉の幻覚が見える。

2. 生まれ変わり

・スティーブン・セシ(発達心理学)
 ・多くの場合は、親が読み聞かせた話や観たテレビなどによって作られた「偽りの記憶」が原因。

・ジム・タッカー(精神医学)
 ・2~3歳のこどもが前世のことを話すことが多い。
 ・「偽りの記憶」では説明のつかない事例も多々(世界で44例)ある。
  ・本人が「前世はこの人だった」という人の家族しか知りえないことを話すことがある。

3. テレパシー

・リアナ・スタンディッシュ(脳神経学)
 ・離れた人の間でテレパシーのようなつながりがあるかないかを科学的な方法で検証。
 ・異なる部屋にいる親しい2人のうち、一方の脳に視覚的な刺激を与えると、刺激を受けていないはずののう1人の脳も刺激を受けているかのように反応した。両者の役割を入れ替えても、他のペアで試しても同様の結果が得られた。
 ⇒ 脳の同期現象をとらえた

4. 人間の意識が乱数発生器に偏りを与えた

・ディーン・レイディン(超心理学)
 ・911や7万人の意識が1点に注がれる祭りのタイミングで乱数発生器に異常が見られた。

・ブライアン・ジョセフソン(ノーベル物理学賞を32歳で受賞した天才)
 ・乱数発生器は量子力学的なメカニズムで乱数を発生させている。
 ・人間の意識が量子論もつれを発生させるのかもしれない。

感想、個人の意見

とても興味深かったです。
量子もつれが原因かも?と言われている不思議な現象(「テレパシー」「意識の力」など)は、本当に量子もつれが原因だとすると、今世紀中くらいにはその解明に大きな進歩があるのではないかと個人的には予想しています。解明されれば世の中が劇的に変わりそうです。

この番組で紹介されていた不思議な現象のうち、量子もつれとは関係が薄そうな現象は「前世の記憶」です。ジム・タッカーさんの慎重な調査結果によると、「前世の記憶」を語る少年・少女の多くは偽り(勘違い)の記憶が原因だったけど、偽りの記憶では説明のつかない事例が40もあったそうな。
これは本当に不思議で、番組内でも解決の糸口は語られませんでした。

私は、人間から人間への生まれ変わりについては以前からある理由があって信じることができません。
その理由とは、もしも生まれ変わり先が全生物の中からランダムに選ばれるとすると、来世もまた人間に生まれてくる確率は非常に低いからです。生まれ変わり先として可能性が高いのは、個体数が圧倒的に多い菌類あたりではないでしょうか。
本当に人間への生まれ変わりがそこそこあるとすると、生まれ変わりに関する私の前提「全生物が対象」や「ランダムに選ばれる」が真実と異なるのかもしれません。

あと、生まれ変わりの仕組みについては「モーガンフリーマン時空を超えて『死後の世界はあるのか』」でスチュワート・ハメロフさんが下記のように語っていたことを思い出しました。
=====
・宇宙にも「量子情報」は存在しているので、脳と外界(宇宙)は量子もつれでつながっていて情報交換していてもおかしくはない。
・「原意識(プロトコンシャスネス)」はビッグバンのときから宇宙に存在していて、死ぬと脳内の量子情報は宇宙へ還る可能性がある。
=====
すると、生まれ変わりも量子もつれと関係しているのかもしれません。



NHKスペシャル 超常現象 科学者たちの挑戦

0
Print Friendly, PDF & Email


  

にほんブログ村 科学ブログ 物理学へ にほんブログ村 科学ブログ 数学へ にほんブログ村 受験ブログ 大学院受験へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA